【初心者向け】メンタルマネジメントを行う理由と簡単に実践する方法

メンタルマネジメント やり方

この記事では、メンタルマネジメントについて紹介しています。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/icon-1.png

メンタルマネジメントってなに??どうやるの?

という疑問に答えます。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

メンタルマネジメントを行うと、やる気やモチベーションを上手にコントロールすることが可能です。

と言うことで、この記事ではメンタルマネジメントの方法について、詳しく解説していきます。

メンタルマネジメントとは?

メンタルマネジメントとは、やる気やモチベーションを下げる心理的な要因を減らす方法です。

メンタルマネジメントは練習すると、ストレスを感じても上手に発散することが出来ます。

また不安や心配な感情に支配されそうになっても、その気持ちをコントロールすることが出来ます。

つまりメンタルマネジメントは、自分の心を保つために大変必要なスキルなのです。

メンタルマネジメントをすべき理由

普段の生活の中で、イライラしたりストレスを感じる時は多々あります。

どんどんストレスが大きくなり衝動買いや衝動食いをしてしまうことはありませんか?

メンタルマネジメントは、そのストレスを自分でコントロールするための方法なのです。

つまりメンタルマネジメントを実践すると、上手にストレスをコントロール出来ます。

簡単にメンタルマネジメントを実践し成果を上げる方法

方法 ①表情を意識的に変える
方法 ②心のクセを変化させる
方法 ③自分の心に正直になる
方法 ④アイコントロール

メンタルマネジメントで表情や仕草を変化させる

自分の表情は意識することは少ないですが、嬉しい時に笑顔になって、怒っている時は怖い顔になります。

しかし怒っていたり、辛い時でも笑顔を作りませんか?と言うのが1つめの方法です。

簡単に理論を紹介すると、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるという理論です。

どんな時でも笑顔の人は、辛い時でも辛そうに見えない時が多々あります。

逆にいつも辛そうな顔をしている人は、楽しんでいる時でもそうは見えないですよね。

このように意識的に表情を作る事で、内面まで変えちゃおうって発想です。

つまり表情や仕草を意識的に変化させることで、心もマネジメントを行うことが出来ます。

メンタルマネジメントで心のクセを変化させる

ふとイラッ!としたり不快な気分になりやすい人におすすめの方法です。

あくまで今までのクセとして不快な感情を感じることが多い人は、そのクセを変化させましょう。

例えばいつもイライラするというイメージは、繰り返しその状況に陥ることでクセになります。

そのクセそのものを変えるためにセルフイメージを意識することが大切です。

メンタルマネジメントで自分の心に正直になるのがおすすめ

テニスの錦織圭選手やフェデラー選手らが活用している感情をコントロールする方法があります。

具体的には「アンガーマネジメント」と呼ばれる方法なのですが、元々は怒りを抑える方法論でした。

『過去は変えられないので、過去にはこだわらない』とか『未来志向で今できることに集中し、最善の結果を目指そう』という前向きな思考をすることです。

メンタルマネジメントはアイコントロールを行うのがおすすめ

これは大リーグで活躍するイチロー選手が実践している感情をコントロールする方法です。

仕事で感情的になりやすい人は職場で、家庭で感情的になりやすい人は自宅で、それぞれ見るポイントを決めておきましょう。

アイコントロールをして気持ちをリセットすることで、落ち着いた気分になれます。

落ち着いた気分になる練習で効果が高いのは、瞑想という方法です。

毎日たった10分程度でも瞑想すると、1日を通して心が落ち着いている時間が劇的に増加します。

本格的にメンタルマネジメントに取り組むなら、瞑想が最短距離で効果が大きい方法です。

まとめ

メンタルマネジメントを行うと、イライラや不安を上手にコントロールすることが出来ます。

メンタルマネジメントを行う方法には、以下の4つの方法があります。

メンタルマネジメントの方法
  1. 表情を意識的に変える
  2. 心のクセを変化させる
  3. 自分の心に正直になる
  4. アイコントロール

この方法を練習することで、心理的な負担を上手に避けて成果を上げられるようになります。

この中で特に成果があると実感しているのは瞑想を行う方法です。

瞑想は、1日たった10分程度でも心を落ち着かせる効果が期待できます。

不安感やイライラを強く感じる人は、是非メンタルマネジメントを行いましょう。

是非参考にしてみてくださいね!

人気記事効果的に読書をしたいなら『フォーカス・リーディング』がおすすめ

おすすめ人生を心から楽しむ方法とは?【仕事や恋愛の考え方や生き方のコツ】

関連記事