『チベット体操』とは?【具体的なやり方と効果・注意点のまとめ】

『チベット体操』とは?【具体的なやり方と効果・注意点のまとめ】

この記事は『チベット体操』について紹介している記事です。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/icon-1.png

チベット体操ってどんな体操で、どう役立つの?

こんな疑問に答えます。

実際にチベット体操を行っている経験から【具体的なやり方】や【効果】【注意点】をまとめました。

『チベット体操』とは?

『チベット体操』の概要

チベット体操とは『チベット地方で古くから行われていた5つの儀式を活用した体操』のことをいいます。

『5つの儀式を行うことで、チャクラと呼ばれるツボを刺激する』と細胞が活性化して若返り・健康に効果が期待されます。

具体的には気功やヨガと同じようなものと考えるとわかりやすいです。

『チベット体操』と『チャクラ』との関係

チベット体操について調べると【チャクラ】という言葉が出てきます。

【チャクラ】とは『身体の中にあるエネルギーの渦巻き』のことです。

しかしイメージしたり理解するのが難しいので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

『チベット体操』をすると『身体が活性化して、その活性化する部分をチャクラと呼ぶ』ぐらいの感覚でOKです。

『チベット体操』と『瞑想』との関係

チベット体操と瞑想は『2つでワンセットと捉える』のがおすすめです。

元々ヨガは、瞑想する前に行っていた準備のような位置づけでした。

つまりヨガと瞑想をセットで行うと『身体もこころも整える』事が出来ます。

『チベット体操がヨガか?』と言われるとちょっと違う気もしますが、せっかくなら【瞑想】もセットで行ったほうがおトクです。

『チベット体操』と『引き寄せの法則』の関係

引き寄せの法則について調べていると、チベット体操が結構出てきます。

おそらくこの「引き寄せ力が高まる! チベット体操&瞑想BOOK DVDつき」という本がスタートではないか?と思っています。

引き寄せの法則界で有名な方の本ですし。

引き寄せの法則は『心や精神面を重視した方法なので、心を落ち着かせる』ためにはメリットがあります。

個人的には色々なことを試して、引き寄せの法則を活用できるようになったので、チベット体操だけやれば効果があるのか?は分からないですけど。

ただ【引き寄せの法則】で願いを叶えたいなら『チベット体操を行ってこころを落ち着かせる』ことは大切だと思います。

個人的に実感している『チベット体操』のメリット

『チベット体操』でイライラの回数が減り、ストレスが軽減された

『チベット体操』を行う前は『イライラしたりストレスを感じることが多く』苦痛に感じていましたが、実践するようになってから『精神的なストレス解消』になっていると感じます。

チベット体操は体力を使うので、いい運動になって精神的に落ち着ける効果があるんだと思います。

つまりチベット体操は『精神的に安定して、いい運動にもなる』メリットがあります。

『チベット体操』で【集中力】が増したように感じる

以前は『疲れたら集中力がすぐに無くなるタイプ』でしたが、チベット体操を行うようになって『集中力が続く』ようになりました。

詳しい理由は分かりませんが、感覚的には『今までよりも疲れにくいので集中力が続くようになった』から、かも知れません。

結果として、読書をしても途中で諦めることが無くなりました。

『チベット体操』で体力が復活したように感じる

30分以上の『チベット体操』は、かなりの運動になり結果として『かなり体力が復活』します。

個人的には『以前カフェでバイトしていた時のように、一日中動き回っても疲れないぐらいまで体力が回復』しました。

当時は1日8時間近く立ち仕事で動き回っていたので体力ありましたが、それ以降、運動していなかったので、自転車に乗ったり1駅分ぐらい歩くとかなり疲れてしまいました。

しかし『チベット体操』をするようになって、1時間ほど自転車でサイクリングをしても疲れません。

つまり『チベット体操』は体力回復にかなり効果があります。

『チベット体操』でアルコールが次の日に残りにくく感じる

『チベット体操』を行うと『アルコールが翌日に残りにくい』という効果を感じています。

夕食の時にビールを1缶と他のアルコールを少々飲みます。

夜中に起きたりしていましたが、寝ると次の日の朝までぐっすりと寝られるようになりました。

チベット体操をするようになって、睡眠の質が良くなったのも効果です。

『チベット体操』のやり方

チベット体操のやり方
  • 5つの体操を1日3回行う
  • 1週間経過したら2回増やす
  • さらに1週間経過したら、2回増やす
  • 10週間経過して、1日21回出来たら完成

チベット体操には5つの型があります。

この5つの体操を【1日3回】からスタートして、徐々に回数を増やしていきますが、最初は回数が少ないので【5分】もあれば終了してしまいます。

もちろん回数が増えると時間は長くなりますが、スタートして1日5分なら手軽でしょう。

実際『これだけでいいの?』というのが正直な感想でしたが、回数が増えてくると結構疲れます。

無理なく回数を増やしていけるので、体力に自身がない方でも安心です。

『チベット体操』に役立つ本やグッズ

『チベット体操』を理解するには『5つのチベット体操』がおすすめ

『チベット体操』について理解を深めるには『5つのチベット体操──若さの泉・決定版』を読みましょう。

写真付きでやり方が書いてありますし、この本だけ読んでいればOKです。

分かりやすく書いてある本で理解しやすいので、ぜひ読んでみましょう。

『チベット体操』を行うには『ヨガマット』が必須

チベット体操は『様々な動作をする体操なので、床に敷いて使うヨガマットは必須』です。

直接、床に座ってやると非常に痛いので、我慢せずにヨガマットを購入しましょう。

ヨガマットは【1,000円】程度から購入できますが、大きめのほうが使いやすく、厚みもあったほうが痛くないです。

またヨガマットによっては『臭いが強いものがある』ので、注意して選ぶのがおすすめです。

『チベット体操』のデメリットや注意点

『チベット体操』で劇的な効果は期待できないかも

『チベット体操』についてネットで調べると『劇的な効果があります!』とかの宣伝を多く見かけます。

しかし個人的には『短期間に劇的な効果は実感できていない』と感じます。

本に書いてある成果が必ず出る!と誤解しないほうが良さそうです。

もちろん続けたなりの効果はありますが、あとはモチベーション次第ですね。

『ヨガマット』が無いと痛くで続きません

『チベット体操』は『ヨガマットがないと痛くて続かない』と思います。

個人的には瞑想をする時に使うためにヨガマットを持っていたので、活用することが出来ました。

しかしヨガマットがないと、膝や腰が痛くなるのでおそらく続かないでしょう。

チベット体操に取り組むならヨガマットは必ず準備しましょう。

『チベット体操』は手軽に始められて様々な効果が期待できておすすめ

『チベット体操』は『チベット地方で古くから行われていた5つの儀式を活用した体操』です。

この体操を活用すると、健康な体や若々しい体を作ることが出来ると言われています。

個人的な経験としては『精神的なイライラ軽減や体力の回復』に効果を実感しました。

何も運動しないよりは効果がありますし、1日5分程度からスタートできるので、試してみる価値はあると思います。

気になったらぜひ試して見てくださいね!

人気記事最強に効果的なパワーストーンの組み合わせとは?恋愛や金運アップにおすすめ

おすすめ人生を心から楽しむ方法とは?【仕事や恋愛の考え方や生き方のコツ】

関連記事