MENU
プロフィール背景画像
しゅん
釣り好きで在宅ワーク中心のブロガー
釣り好きブロガーの在宅ワークと暮らしのブログです。

↓↓主なコンテンツ↓↓
・ブログ運営(SEOやアフィリエイト)の情報
・在宅ワークのおすすめグッズや暮らし
・釣り入門やおすすめの釣り道具

『楽しくブログを運営しよう!!!』をモットーに、ブログ運営歴10年以上の経験を元にブログ運営に役立つ情報を紹介しています。

クロスドミナンスだと思われます。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせページまで。

【サビキ釣り】リールのおすすめは③択【初心者向けに番手や性能で比較】

【サビキ釣り】リールのおすすめは③択【初心者向けに番手や性能で比較】

この記事はサビキ釣りにおすすめのリールを紹介している記事です。

悩む人

サビキ釣りに利用するリールってどれがいいの?おすすめが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

サビキ釣りで利用するリールを検索すると、15選!とかどれがいいのか?分からないですよね!

しゅん

そこでこの記事では、サビキ釣りにおすすめのリールを③つに絞って解説します。

サビキ釣りのリール選びに迷っている方は、是非参考にしてみて下さい。

タップできるもくじ

【サビキ釣り】リールのおすすめは③択【】

まず結論から。

しゅん

サビキ釣りにおすすめのリールは下記の③つです。

サビキ釣りにおすすめのリール
  1. カーディナル⇒アブガルシア製でコスパがよく使いやすい
  2. ナスキー⇒シマノ製で防水構造なので、サビキ釣りでも安心
  3. ストラディック⇒値段は高めだけど、汎用性が高い

スピニングリールは、安いものは500円ほどで購入できます。

しゅん

しかし耐久性が低く壊れたら終わりなので、これぐらいのグレードのリールを購入した方が、断然おトクで快適に釣りができますよ!

順番に解説していきます。

あせて買いたいロッドに関しては、下記の記事で解説しています。

関連記事【サビキ釣り】ロッドのおすすめは③択【初心者向けに使い勝手で比較】

その① アブガルシア カーディナル

アブガルシア カーディナルのイメージ

まず最初に紹介するのが、アブガルシア製のカーディナルです。

しゅん

5,000円程度で買えるリールにしては性能が高いです。

付属品として替えスプールが付属していたり、見た目もオシャレな点が特徴です。

コスパが良いリールが欲しい人にイチオシのリールです。

その② シマノ ナスキー

シマノ ナスキーのイメージ

次にシマノ製のナスキーです。

しゅん

コアプロテクトと言う、シマノ独自の防水機能を搭載している点が特徴です。

特にサビキ釣りの場合は、魚のウロコなどのゴミは付きやすく、汚れやすいんですよね。

その点で、シマノ製のナスキーは防水機能がしっかりしているので、リールのトラブルが少ないメリットがあります。

しゅん

海で利用するリールとしては、非常におすすめできます。

その③ シマノ ストラディック

シマノ ストラディックのイメージ

最後に紹介するのがシマノ製のストラディックです。

しゅん

僕自身、一世代前の15 ストラディックを保有していますが、使い勝手が良いです。

1万円以上の価格帯のリールですが、なめらか巻味で使い心地が非常に良いです。

サビキ釣りだけで利用するにはオーバースペックですが、汎用性の高いリールが欲しい人は、購入して損はないと思います。

しゅん

使い勝手が良いリールが欲しい人におすすめです。

【サビキ釣り】リールのおすすめを初心者向けに番手や性能で比較

次に、今回紹介した3つのリールを比較していきます。

しゅん

番手や性能面で比較していきます。

比較① 番手【3,000番前後(シマノの番手)が使いやすい】

まず大前提としては、リールの番手は3,000番前後が一番使い勝手が良いです。

シマノとダイワではリールの番手に違いがあります。
僕はシマノ派なのでシマノのサイズで表記しています。

しゅん

どんな使い方をしても、小さすぎず、大きすぎず丁度よいです。

リールに巻ける糸の量も十分なので、ラインが切れたりしても、ライン交換の回数が少なくて良いのが魅力です。

これより小さいリールだと巻ける糸の量が少なくなり、大きいリールだと大きすぎて釣りがしにくいです。

しゅん

今回紹介した3つのリールは、全て3,000番台前後がラインナップされていますよ!

比較② 汎用性【海での利用を考えると、ストラディックがおすすめ】

汎用性で考えるとストラディックがイチオシです。

しゅん

ストラディックにはXプロテクトという、最新の防水機能付いています。

この他にもマイクロモジュールギアⅡとか、HAGANEギアなど、使い勝手を考えた機能が多く取り入れられています。

価格は1万円以上しますが、1つ持っておくと長く使えるでしょう。

しゅん

どんな釣りにも対応できて、しかも耐久性も高い!という点で汎用性が高いリールでしょう。

どんな釣りにも長く使えるリールを探している人におすすめです。

比較③ 価格【コスパが良いのはナスキー】

汎用性で考えるとナスキーがイチオシです。

しゅん

コアプロテクトという防水機能が付いているので、海でも安心です。

ストラディックにはより高い防水機能がついていますが、価格も高くなります

そのためコスパで考えると、ナスキーが良いかと思います。

しゅん

防水機能が付いていないリールだと、海水で回転が悪くなったり、固結しやすいですよ!

その点を考えると、汎用性ではナスキーがイチオシと言えます。

まとめ

サビキ釣りにおすすめのリールを紹介しました。

しゅん

サビキ釣りに使い勝手が良いリールは下記の通りです。

サビキ釣りにおすすめのリール
  1. カーディナル⇒アブガルシア製でコスパがよく使いやすい
  2. ナスキー⇒シマノ製で防水構造なので、サビキ釣りでも安心
  3. ストラディック⇒値段は高めだけど、汎用性が高い

とにかく安いリールがほしいならアブガルシア製のカーディナルが良いでしょう。

しゅん

安いと言っても、釣具店で1,000円ほどで買えるリールとは段違いです。

しかしサビキ釣りは海で利用するので、防水機能が搭載されているシマノ製のナスキーが一番使い勝手が良いと思います。

一方で、汎用性が高く長く使えるリールを購入してするならシマノ製のストラディックがイチオシです。

しゅん

僕も持っていますが、非常に滑らかで使い心地が良いリールです。

是非参考にして、サビキ釣りのリールを選んでみてくださいね!

しゅん

サビキ釣りの基礎知識は下記の記事で解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【サビキ釣り】初心者向けの基礎知識【必要な釣り道具とやり方】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる