MENU
プロフィール背景画像
しゅん
釣り好きで在宅ワーク中心のブロガー
釣り好きブロガーの在宅ワークと暮らしのブログです。

↓↓主なコンテンツ↓↓
・ブログ運営(SEOやアフィリエイト)の情報
・在宅ワークのおすすめグッズや暮らし
・釣り入門やおすすめの釣り道具

『楽しくブログを運営しよう!!!』をモットーに、ブログ運営歴10年以上の経験を元にブログ運営に役立つ情報を紹介しています。

クロスドミナンスだと思われます。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせページまで。

ロックフィッシュロッドに汎用性はある?【結論:万能なので流用可能】

ロックフィッシュロッドに汎用性はある?【結論:万能なので流用可能】

この記事はロックフィッシュロッドに汎用性があるのか?解説している記事です。

悩む人

ロックフィッシュロッドが欲しいんだけど、根魚狙いの釣り以外にも使えるのかな?

と言う疑問に答えます。

釣り道具を揃えていくと結構お金が必要になるので、万能な釣り道具を探したり、他の釣りに流用出来ないか?って考えますよね!

しゅん

僕自身、出来るだけ流用出来る釣り道具を揃えていますが、ロックフィッシュなど専用ロッドが欲しい!って思う時があります。

そこでこの記事では、ロックフィッシュ専用ロッドには汎用性があるのか?流用できる釣り方や万能ロックフィッシュロッドの選び方を、実体験を含めて解説していきます。

ロックフィッシュロッドの汎用性に興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

タップできるもくじ

ロックフィッシュロッドに汎用性はある?【万能なので流用可能】

まず結論から。

しゅん

ロックフィッシュロッドは万能なので、他の釣りに流用可能です。

専用ロッドにはかなわないですが、ロックフィッシュロッドは取り回しがよく、硬めの竿が多い万能なロッドの印象があります。

そのため他の釣りに流用しても、釣りにくい!とか使えない!と感じる局面は少ないハズ。

もちろん高額なロックフィッシュ専用ロッドの場合は、ロックフィッシュ狙いの釣りだけに利用したほうが良いでしょう。

しゅん

しかしそれ以外なら、他の釣りに流用しても良いのでは?と言う実感を持っています。

ロックフィッシュロッドが流用できる釣り方とは?【ジギングや投げ釣りとの相性】

次にロックフィッシュロッド流用出来る釣り方に関して紹介して行きます。

しゅん

相性の善し悪しを下記の3つの釣り方で比較していきます。

ロックフィッシュロッドとの相性
  1. フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い
  2. ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう
  3. 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

順番に解説します。

その① フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い

まずフラットフィッシュ(メゴチとかヒラメとか)狙いの釣りとは相性が良いです。

しゅん

似たようなワームを利用することも多いですし、根魚に似ている魚でもあります。

利用するタックルが似ているので、ロックフィッシュロッドを流用して釣りをしても十分に対応可能だと思います。

しかもフラットフィッシュ狙いの釣りは、ロックフィッシュがオフシーズンの夏場などがシーズンなのも魅力です。

根魚が釣れないタイミングでも釣りができるので、年中釣りが出来る点が魅力と言えます。

しゅん

僕自身も、夏場にフラットフィッシュ狙いの釣りをロックフィッシュロッドで楽しんでいます。

その② ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう

次にジギングにロックフィッシュロッドを流用するのは、対応可能とは言えます。

しゅん

ただし、ロッドの長さやジグの重さなど制限が多いなと感じます。

例えばロングスピンなどの遠くに飛ばすタイプのロッドなら、使えないことは無いです。

ただしジギングはジグを遠くに飛ばす必要があるので、ロッドは軽い方が扱いやすいです。

ジギングも奥が深いので、本格的に取り組むには専用のロッドを用意すべきでしょう。

しゅん

しかしナブラが見えた時とか、ちょっとジグを付けて見るなどであれば問題ないかと思います。

その③ 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

最後に投釣りにロックフィッシュロッドを流用するのはおすすめできません。

しゅん

ロッドが硬すぎますし、投げ釣りでは使いづらいんですよね。

同じロックフィッシュを狙う釣り方ではありますが、釣り方が全く異なります。

そのため、投げ釣りにはロックフィッシュロッドを使わない方が良いと感じます。

もちろん釣りができない訳では無いですが、使いづらさを強く感じるでしょう。

しゅん

投げ釣りに関しては、専用のロッドの方が飛距離も出ますしおすすめです。

汎用性を考えた万能ロックフィッシュロッドの選び方

それでは次に汎用性を考えた万能なロックフィッシュロッドの選び方を解説します。

しゅん

基本的には、通常のロックフィッシュロッドの選び方と同じに考えてOKです。

ただしより汎用性を求めるなら、下記の部分に注目しましょう。

ロックフィッシュロッドの選び方
  1. ロッドは硬いほうが良い(M・ミディアム程度)
  2. ロッドの長さは2m台が扱いやすい
  3. スピニングリールのロッドが良い

まず、ロッドが柔らかいと重たいオモリを利用できないので、M(ミディアム)程度の硬さが良いでしょう。

しゅん

ある程度遠くに飛ばす事も考えると、2M程度の長さのほうが取り扱いがラクです。

あと重要なポイントとしては、ベイトリールではなく、スピニングリールが利用できるロッドの方が使いやすいです。

ベイトリールよりも投げるのがラクでし、使い勝手が良いです。

しゅん

価格的には1万円以下のロッドでも十分使えるでしょう。

さらに詳しい解説は、下記の記事で紹介しているので是非参考にしてみてください。

関連記事ロックフィッシュロッドの選び方【初心者のアイナメ&ソイ狙い】

まとめ

ロックフィッシュロッドに汎用性があるのか?解説してきました。

しゅん

ロックフィッシュロッドは、割と使い勝手が良いので、様々な釣りに対応可能です。

具体的には下記の3つの釣りで利用可能か?解説しました。

ロックフィッシュロッドとの相性
  1. フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い
  2. ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう
  3. 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

一番違和感が無いのはフラットフィッシュ狙いの釣りで、ロックフィッシュがオフシーズンになる夏場に使えるので便利です。

ジギングに関しては、ちょっと制限も多く可能なら専用ロッドを購入したほうが良いでしょう。

しゅん

投げ釣りに関しては、使い勝手が良くないのでおすすめできません。

そんなロックフィッシュロッドですが、汎用性を考えると下記のポイントで選ぶのがおすすめです。

ロックフィッシュロッドの選び方
  1. ロッドは硬いほうが良い(M・ミディアム程度)
  2. ロッドの長さは2m台が扱いやすい
  3. スピニングリールのロッドが良い

ロックフィッシュロッドは、数万円以上の高額なロッドもありますが、数千円程度のロッドでも十分使えます。

しゅん

様々な釣りに使うなら、安いのロッドの方が安心して使えるかもしれません。

その点を考えつつ、ぜひロックフィッシュロッドを探してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる