MENU
プロフィール背景画像
しゅん
ブログを書いて生活しているフリーランスブロガーです。

『楽しくブログを運営しよう!!!』をモットーに、ブログ運営歴10年以上の経験を元にブログ運営に役立つ情報を紹介しています。

クロスドミナンスだと思われます。

↓↓主なコンテンツ↓↓
・ブログ運営(SEO・アフィリエイト)情報
・Web広報・PR情報
・フリーランス(在宅ワーク)の情報

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせページまで。
WordPressテーマTheTHORが2,000円引き詳細を見てみる

WordPressテーマを更新する方法【アップデートは早めに行おう】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事はWordPressテーマを更新する方法を紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

WordPressテーマってたまにアップデートされるけど、早めに更新したほうが良いのかな?更新方法も詳しく知りたいな!

と言う悩みに答えます。

WordPressでブログ運営をしていると、管理画面に更新情報が出たりしますよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

そんな時にどうすればWordPressテーマを更新できるのか?更新したほうが良いのか?疑問になると思います。

そこでこの記事では、WordPressテーマがアップデートされた時に更新したほうが良いのか?どうやってWordPressテーマを更新すればよいのか?に加えてアップデート時の注意点を解説します。

WordPressテーマの更新方法が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

タップできるもくじ

WordPressテーマはアップデートされたら早め更新しましょう

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

WordPressテーマがアップデートされたら、早めに更新するのがおすすめです。

理由としては以下の2つがあります。

早めに更新すべき2つの理由
  1. 新しい機能が追加される場合があるから
  2. 不具合など問題が解消される場合があるから

良い意味でのアップデートでは、単純にWordPressテーマが強化されて、新しい機能や高速化技術の追加が行われる事が多いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

SEO上有利になることが多いので、早めに更新するほうがメリットが多いでしょう。

また、テーマ自体の不具合が解消するアップデートの場合もあります。

表示に関する不具合やうまく動かないなど、構造上の問題が解決してくれる更新が多いです。

このようにメリットが多いので、アップデートに気がついた時は早めに更新するのがおすすめでしょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

アップデートの回数が多いテーマほど、信頼して使えると言い換えが出来るかも知れません。

WordPressテーマを更新する2つの方法

それではWordPressテーマを更新する方法を紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

WordPressテーマを更新する方法には2つの方法があります。

この2つは選ぶことが出来ず、WordPressテーマによって決められているので開発元のHPなどで確認しましょう。

テーマの更新方法
  1. 管理画面から更新する方法⇒最近主流で、WordPressの管理画面に通知があり更新するだけなので非常に手軽な方法
  2. 手動で更新する方法⇒最近少なくなった方法。開発元のHP等で更新ファイルをダウンロードしてインストールする必要があるので、多少手間がかかる方法

順番に解説します。

その① 管理画面から更新する方法

管理画面から更新する方法は、最近主流の方法です。

しゅんのアイコン画像しゅん

最近発売されたWordPressテーマは基本的にこちらの方法だと考えてOKです。

STEP
WordPressの管理画面の更新を確認する
WordPressの管理画面の更新を確認する

スクロールしていって、テーマという部分の更新情報を確認する

STEP
更新したいWordPressテーマをアップデートする。
更新したいWordPressテーマをアップデートする。

更新したいWordPressテーマを選んで、テーマの更新をクリックする

STEP
更新が完了するまで、しばし待つ
更新が完了するまで、しばし待つ

自動でアップデートしてくれるので、完了するまで待つ。

これで更新・アップデート作業は完了です。

その② 手動で更新する方法

WordPressの管理画面でアップデートが出来ないテーマや古いテーマは手動で更新してあげる必要があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

管理画面に通知が出ないので、開発元のHPを確認する必要がある点が、面倒に感じるかも知れません。

ただ、この更新方法のWordPressテーマは、古いテーマが多くSEO対策等も見劣りする場合が多いです。

そのため、今後もブログ運営を続ける場合はテーマの変更を考えたほうが良いかも知れません。

一応解説すると、下記のような流れになります。

STEP
開発元のHPでアップデートを確認する

開発元のHPやTwitter等を確認してアップデートがあるか調べる

更新されたテーマがあれば、事前にダウンロードしておく。

STEP
現在利用している古いWordPressテーマを削除する

現在使用しているWordPressテーマは削除できないので、一旦他のテーマに変更する。

テーマを変更すると、ウィジェット等の設定が消える場合があるので注意しましょう。

次に利用していた古いVerのWordPressテーマを削除する。

STEP
アップデート済みのWordPressテーマを再インストールする

古いVerのWordPressテーマを削除したら、最新VerのWordPressテーマをインストールします。

インストール後に、便宜上変更してたWordPressテーマからアップデート済みのWordPressテーマに戻して完了。

しゅんのアイコン画像しゅん

繰り返しになりますが、更新方法がこっちの場合は、そろそろ新しいテーマに変えた方が、機能も安全性も高いと思います。

人気記事【2020年版】WordPressテーマのおすすめと選び方【主にブログ向き】

WordPressテーマを更新する時の注意点

WordPressテーマは早めに更新するのがおすすめですが、注意点もあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

具体的に3つの注意点を解説します。

テーマ更新の注意点
  1. カスタマイズが消える場合に注意しよう【子テーマを利用が大切】
  2. 念の為バックアップを取ろう【おすすめはUpdraftPlusプラグイン】
  3. 表示が変な時はキャッシュを削除しよう【ブラウザの問題かも】

順番に解説します。

注意点① カスタマイズが消える場合に注意しよう【子テーマを利用が大切】

CSS(装飾)のカスタマイズを親テーマで行っている場合は、テーマの更新によってカスタマイズが消えてしまう点に注意が必要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのためカスタマイズをするなら子テーマを利用するようにしましょう。

子テーマは親テーマをアップデートしてもカスタマイズが消えることがありません。

注意、子テーマを更新すると、子テーマのカスタマイズが消えるので注意しましょう。

子テーマを自作することは可能ですが、子テーマが用意されているWordPressテーマを使った方がラクだと思います。

しゅんのアイコン画像しゅん

特にカスタマイズを考えているなら、子テーマが用意されているテーマを使うべきですね。

注意点② 念の為バックアップを取ろう【おすすめはUpdraftPlusプラグイン】

万が一、アップデートに失敗した時に備えてバックアップをしっかり取りましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

おすすめはプラグインは、UpdraftPlus – バックアップ/復元です。

バックアップ用プラグインは様々ありますが、特に復元する時の操作が簡単なので安心して使えます。

万が一に備えて、バックアッププラグインをしっかり使うようにしましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

人気のプラグインBackWPupよりも簡単なので、おすすめです。

関連記事https://ja.wordpress.org/plugins/updraftplus/

注意点③ 表示が変な時はキャッシュを削除しよう【ブラウザの問題かも】

最後に、WordPressテーマを更新した時にブログのレイアウトや表示がおかしい時があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そんな時は焦らずにブラウザのキャッシュを削除しましょう。

以前表示した時のキャッシュが残っていて、表示がおかしくなる時があります。

ブラウザのキャッシュを削除するだけで、問題が解決する場合も多いです。

そのため、ブラウザのキャッシュキャッシュを削除して解決するか?を確認しましょう。

まとめ

WordPressテーマの更新方法を解説しました。

大前提として、WordPressテーマのアップデートに気がついたら早めに更新するようにしましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

更新によって機能強化や不具合が解消されます。

具体的な更新方法は下記の2つです。

テーマの更新方法
  1. 管理画面から更新する方法⇒最近主流で、WordPressの管理画面に通知があり更新するだけなので非常に手軽な方法
  2. 手動で更新する方法⇒最近少なくなった方法。開発元のHP等で更新ファイルをダウンロードしてインストールする必要があるので、多少手間がかかる方法

②つの方法のうちどちらの更新方法か?については、テーマによって変わるので開発元のHP等で確認しましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

手間が多いので、手動で更新するタイプのWordPressテーマは、そろそろ新しいテーマに変えたほうが良いかも。。。と思います。

ただWordPressテーマ更新の注意点も3つほどあります。

テーマ変更の注意点
  1. カスタマイズが消える場合に注意しよう【子テーマを利用が大切】
  2. 念の為バックアップを取ろう【おすすめはUpdraftPlusプラグイン】
  3. 表示が変な時はキャッシュを削除しよう【ブラウザの問題かも】

この部分に気をつければ、とくに怖がることなくテーマ更新が可能になります。

是非参考にしてみてくださいね!

人気記事【2020年版】WordPressテーマのおすすめと選び方【主にブログ向き】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる