”Amazon”で買えるヨガマットの選び方【素材やサイズ・厚みの違いを比較】

”Amazon”で買えるヨガマットの選び方【素材やサイズ・厚みの違いを比較】

この記事はAmazonで買えるヨガマットの選び方を紹介している記事です。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/icon-1.png

ヨガマットはどういうポイントで選ぶべき?

おすすめのヨガマットがあったら知りたいな!

という疑問に答えます。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

僕自身は瞑想するためにヨガマットを購入したんだけど、選び方が難しく感じました。

そこで、この記事ではヨガマットの選び方と、Amazonで買えるおすすめのヨガマット紹介します。

ヨガマットの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

Amazonで買えるヨガマットの選び方

サイズは大きめがおすすめ

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

ヨガマットのサイズは、大きめのサイズがおすすめです。

一般的なサイズは『横幅が61cm~67cm、縦幅が170cm前後』が主流です。

ヨガマット上での動きが多いなら、大きめのサイズを選ぶと、はみ出ることが少ないです。

一方、瞑想や持ち運んだりするなら、コンパクトなサイズを選ぶ方が良いでしょう。

持ち運びが少ないなら、大きめのサイズを選ぶと色々な用途で使えるので、便利です。

厚みがある方が痛くならない

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

ヨガマットの厚みは、5mm~7mmがおすすめです。

一般的には厚い方が初心者向け、薄い方が上級者向けと言われます。

ヨガマットが薄いと、床に直接当たり痛みを感じます。

もちろん厚いと重くなるので、持ち運びには適さなくなりますが、私のように瞑想したりチベット体操をするなら厚いヨガマットがおすすめです。

色は黒い方が汚れが目立たない

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

ヨガマットの色は、黒系の色だと汚れが目立たないので、おすすめです。

ブランドによってカラフルなヨガマットも多いですが、使っていると汚れて来ます。

個人的には1つのヨガマットを長く使いたいので、黒系の汚れが目立たないヨガマットを使っています。

もちろんカラフルなヨガマットの方が、気分も上がるので、お好みで選ぶのがおすすめです。

素材を確認するとゴム臭くない

ヨガマットの素材は、性能を左右するほかに匂いにも関係する重要なポイントです。

安いヨガマットに多い『PVC(ポリ塩化ビニール)やPER(ポリマー環境樹脂)』は、匂いも強くあまりおすすめできません。

一方『EVA(エチレン・ビニール・アセテート)やTPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)』は匂いも少なく、高性能です。

良質な【素材】を利用しているヨガマットほど値段が高くなりますが、匂いがキツイと気分が悪くなります。

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

個人的にはEVA(エチレン・ビニール・アセテート)素材のヨガマットが、価格と性能のバランスが取れていておすすめです。

値段は3,000円ぐらいが買いやすい

https://vita-liberta.com/wp-content/uploads/Profile.png

ココロン

ヨガマットの値段は、3,000円前後を目安にするのがおすすめです。

ヨガマットは、有名ブランド品や良質な素材を使っているほど高額になります。

Amazonで検索すると3,000円前後のヨガマットは種類が豊富で選びやすいです。

特に初心者の方なら3,000円を目安にするのがおすすめです。

Amazonで買えるおすすめヨガマット

初心者向けのヨガマットなら『LICLI』がおすすめ

Amazonで人気1位『PLICLI』のヨガマットは、2,000円台前半で購入できます。

厚さが8mmとしっかりとした厚みで、サイズは173×cm61cmと標準的です。

素材はPVCですが、匂いを少なく作られているため、初めて購入するヨガマットにおすすめです。

価格が安いヨガマットなら『DABADA(ダバダ)』がおすすめ

とにかく安いヨガマットを探しているなら『DABADA(ダバダ)』のヨガマットがおすすめです。

価格が1,500円台と非常に安い価格で購入できますし、厚さが10mmと厚みがあるので、幅広い用途で使えます。

サイズが183cm×61cmで厚みが10mmもあるに、重さが800gと非常に軽く仕上げられています。

とにかく価格を抑えたヨガマットを探している人には非常におすすめです。

おしゃれなヨガマットは『Active Winner』がおすすめ

個人的に愛用している『Active Winner』のヨガマットは4種類のカラーバリエーションと耐久性、匂いの少なさでおすすめです。

厚さが6mmと厚みがあり、サイズが183cmx61cmなので、大きい動きをしても大丈夫です。

2年以上使っていますが、汚れも目立たず長く使えておすすめです。

Amazonで買える有名ブランドのヨガマット

『ジェイド』のヨガマットはプロ仕様でとにかく滑らない

ジェイドのヨガマットはプロ仕様とも言えるほど非常に高性能なヨガマットです。

人気が高いのが『ハーモニープロフェッショナル』で、厚みが8mmの『ジェイドフュージョン』と、厚みが3.2mmの『ジェイドトラベルマット』の3種類があります。

価格が1万円以上するので、なかなか手が出ない価格ですが、品質重視の方には非常におすすめのヨガマットです。

『マンドゥカ』のヨガマットは高品質で人気が高い

マンドゥカのヨガマットは品質の高さで人気が高いヨガマットです。

マンドゥカはラインナップが豊富で、様々な種類がありますが、人気が高いのが『ブラックマット』です。

価格が17,000円前後と高めですが、Amazonなら【10%オフ】のクーポンが出る時があるのでその時が狙い目かも知れません。

ロゴもおしゃれですし、高性能なヨガマットを探している方におすすめです。

『スリア』のヨガマットは匂いが少なくカラーが豊富

スリアのヨガマットは匂いが少なくカラーも豊富でおしゃれなヨガマットです。

有名ブランドのヨガマットの中では1万円以内で購入できる値段の安さも特徴で、少し背伸びをすれば購入できる感じでもあります。

有名ブランドのヨガマットを使いたいけど、値段は安いほうがいい方には最適な選択肢です。

使い方に合わせてヨガマットを選ぶのがおすすめ

個人的にヨガマットを選ぶ時には【匂い】が一番重要だと感じます。

強い匂いのヨガマットは気分が悪くなり、使い続けるのが大変です。

また【厚み】も大切で、薄いと痛いし、厚いと持ち運びが大変になります。

持ち運ばないなら、厚い方が使い勝手が良いと思います。

この他サイズも使い方に合わせて、迷うなら大きめのサイズを選ぶほうがおすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

以上、ヨガマットの選び方を紹介しました。

人気記事最強に効果的なパワーストーンの組み合わせとは?恋愛や金運アップにおすすめ

おすすめ人生の悩みを解決する方法とは?【諦める前に試したい4つの方向性】

関連記事