雪松餃子はまずい?美味しくない?【特徴や品質、安全性や焼き方などの注意点を徹底解説】

雪松餃子はまずい?美味しくない?【特徴や品質、安全性や焼き方などの注意点を徹底解説】

この記事は、雪松餃子はまずい!美味しくない!との評判は本当なのか?解説しつつ、品質の特徴や安全性などの注意点を解説している記事です。

悩む人

餃子の雪松を食べてみようかな?と考えているんだけど、まずい!とか美味しくない!と聞くと迷っちゃうんだよね、実際どうなの?

と言う疑問に答えます。

餃子の雪松は昭和15年創業の老舗ですが、最近は無人店舗の数も多くてよく目にしますよね!

kokkolon

テレビ番組で紹介され話題になっており、買ってみようかな?と考えている方も多いハズです。

そこでこの記事は、雪松餃子はまずい?美味しくない?との評判は本当なのか?特徴や注意点もまとめて解説していきます。

雪松餃子はまずい?美味しくない?との評判が気になる方は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

雪松餃子はまずい?美味しくない?【ニンニク多めで肉が少ない点が賛否両論】

まず結論から。

kokkolon

雪松餃子はニンニクが多めで肉が少なめ(野菜多め)の餃子のため、ジューシーで肉汁たっぷりの餃子をイメージする人には、物足りない!と感じることが多いです。

実際に、雪松餃子を食べ見ると下記のような印象を持ちました。

雪松餃子はまずい!美味しくない?
  • ニンニクたっぷりの餃子で、クセが強め
  • 肉よりキャベツやニラなどの野菜多めで、ジューシー感は一歩劣る
  • 薄皮の餃子なので、パリパリの焼き餃子が楽しめるが、水餃子には不向き
  • 下味がしっかりついていが、あっさりタイプの餃子なのでたくさん食べれる
kokkolon

もちろん、人によって美味しいと感じる餃子の種類が異なります。

しかし個人的には、食べやすい餃子でまずい!とか美味しくない!と言う評判は気にしすぎなくても良いかな?と思います。

実食したレポートを掘り下げて解説します。

関連記事

下記の記事では、餃子の丸岡はまずいって口コミは本当なのか?通販で取り寄せる方法や注意点もまとめて解説しています。

関連記事餃子の丸岡はまずいって口コミは本当?【通販で取り寄せる方法や注意点をまとめて解説】

雪松餃子はニンニクたっぷりの餃子で、クセが強め

雪松餃子はニンニクたっぷりの餃子で、クセが強め

まず雪松餃子はニンニクたっぷりの餃子で、クセが強めです。

kokkolon

ニンニクがしっかりと効いている餃子なので、食が進み何個でも食べれる印象を持ちました。

私のようにニンニクのパンチが効いた餃子が好きな方には、非常に美味しく感じられる餃子です。

一方でニンニクの臭いが気になる方や、ニンニク自体が苦手な方にはまずい!とか美味しくない!と感じるかも知れません。

kokkolon

雪松餃子は基本的に美味しい餃子だと思いますが、ニンニクが苦手な方は注意が必要です。

肉よりキャベツやニラなどの野菜多めで、ジューシー感は一歩劣る

肉よりキャベツやニラなどの野菜多めで、ジューシー感は一歩劣る

また雪松餃子は肉よりもキャベツやニラなどの野菜が多めの印象です。

kokkolon

お肉たっぷりの餃子と比較して、ジューシー感は一歩劣るかな?と思います。

雪松餃子は肉汁たっぷりのジューシーな餃子ではなく、あっさりタイプでヘルシーに食べられる点が魅力と言えます。

その反面、お肉たっぷりの餃子が好きな方には、物足りないと感じる方もいるハズです。

kokkolon

個人的にも、もう少しジューシー感があっても良いかな?と思いましたが、ヘルシーに食べられるので満足度は高い印象です。

薄皮の餃子なので、パリパリの焼き餃子が楽しめるが、水餃子には不向き

薄皮の餃子なので、パリパリの焼き餃子が楽しめるが、水餃子には不向き

また雪松餃子は薄皮タイプの餃子です。

kokkolon

そのためパリパリの焼き餃子が楽しめますが、水餃子には不向きと言えます。

具がしっかり詰まった薄皮タイプの餃子なので、子供や家族で食べても満足度が高くなりそうです。

一方で、残った餃子をスープなどで水餃子にすると、皮が破れる可能性が高いです。

kokkolon

雪松餃子は皮が薄いので水餃子には不向きですが、焼き餃子としては満足度が高いでしょう。

下味がしっかりついていが、あっさりタイプの餃子なのでたくさん食べれる

下味がしっかりついていが、あっさりタイプの餃子なのでたくさん食べれる

また雪松餃子は下味がしっかりついた餃子と言う印象です。

kokkolon

下味はしっかりついていますが、あっさりタイプの餃子なので、たくさん食べることが出来るでしょう。

特にビールなどと合わせると、パクパクと個数が食べれる餃子という印象です。

また下地が付いていますが、冷凍餃子の場合はタレも付いているので、味変して食べれる点が魅力と言えます。

kokkolon

トータルで考えると、まずい!美味しくない!と感じる人もいますが、個人的には何度も食べたくなる餃子かな?と思います。

雪松餃子の品質や安全性の特徴や焼き方の注意点とは?【まずい!美味しくない!を否定するこだわりを徹底解説】

では、雪松餃子は実際にはどんな餃子なのか?特徴について解説していきます。

kokkolon

雪松餃子の特徴について詳しく解説していきます。

雪松餃子の特徴とは?
  • 雪松餃子とは?⇒群馬県で3代続く餃子の名店がベースの餃子専門店
  • 雪松餃子の品質は?

順番に解説します。

関連記事

下記の記事では、雪松餃子は無人店舗で万引きは大丈夫?不安な方に無人店舗での購入方法をまとめて解説しています。

関連記事雪松餃子は無人店舗で万引きは大丈夫なの?【不安な方に購入方法もまとめて解説】

雪松餃子とは?【群馬県で3代続く餃子の名店がベースの餃子専門店】

カバー画像

雪松餃子とは?

【群馬県で3代続く餃子の名店がベースの餃子専門店】

まず餃子の雪松とはどんなお店なのか?解説していきます。

kokkolon

雪松餃子(正式名称 : 餃子の雪松)は群馬県で生まれたお店です。

昭和15年に創業して以来3代続く、お食事処”雪松食堂”が発祥になっています。

初代店主が生み出した秘伝の配合を守りつつ、味を継承したのが餃子専門店の餃子の雪松です。

kokkolon

最近は、全国に約300店舗を展開する冷凍生餃子の無人販売所として人気があります。

このように、歴史がある餃子専門店なので、安心して利用することが出来るでしょう。

関連リンク雪松の想い -【公式】餃子の雪松

雪松餃子の品質は?【冷凍餃子は自社工場で生産され安全性が高い】

カバー画像

雪松餃子の品質は?

【冷凍餃子は自社工場で生産され安全性が高い】

次に雪松餃子の品質について解説していきます。

kokkolon

雪松餃子の冷凍餃子はすべて自社工場で生産されています。

キャベツはすべて国産で、季節によって産地を変更しているこだわりがあります。

またオリジナルブレンドの特等粉を利用しているので、こだわりの味を再現している点も魅力です。

kokkolon

このように、自社工場で作られた餃子を仲介業者を通さずに直売所で販売されているので、安全性も高いと言えるでしょう。

関連リンク品質へのこだわり -【公式】餃子の雪松

雪松餃子の焼き方は?【簡単で公式サイトにガイドあり】

カバー画像

雪松餃子の焼き方は?

【簡単で公式サイトにガイドあり】

次に雪松餃子の焼き方を解説します。

kokkolon

基本的には普通の餃子と同じように焼くだけでOKです。

公式You Tubeでも下記のように美味しい焼き方が案内されています。

最近は水も油も不要な冷凍餃子が販売されていて、それと比較すると少し手間が必要です。

kokkolon

と言っても、特に大きな手間ではないので、問題なく美味しい餃子が焼けるハズです。

関連リンク美味しい餃子の焼き方 -【公式】餃子の雪松

雪松餃子はまずい?美味しくない?のまとめ

雪松餃子はまずい?美味しくない?と言う評判について解説しました。

kokkolon

実際に雪松餃子を食べてみると、下記のような印象を持ちました。

雪松餃子はまずい!美味しくない?
  • ニンニクたっぷりの餃子で、クセが強め
  • 肉よりキャベツやニラなどの野菜多めで、ジューシー感は一歩劣る
  • 薄皮の餃子なので、パリパリの焼き餃子が楽しめるが、水餃子には不向き
  • 下味がしっかりついていが、あっさりタイプの餃子なのでたくさん食べれる

まずい!美味しくない!と感じる可能性がある点は、ニンニクが多いこと、お肉よりもキャベツやニラなどの野菜が多めのあっさりとした餃子という点でしょう。

kokkolon

個人的には具が多めで皮が薄いタイプの餃子で、美味しくいただきました。

実際、餃子の雪松は品質も高いこだわりがある餃子を作る努力をしています。

最近は無人販売所の数も増えていて、比較的入手しやすい点も魅力です。

kokkolon

公式のネット通販サイトもあるので、ぜひ一度食べてみてくださいね!

\\美味しい餃子が通販でも買える//

ーお取り寄せでの購入方法を見てみるー

目次(タップで移動できます)